メニュー
訪問者数
1423340
携帯サイト
 
 

日誌

柔道部
123
2017/05/02

全日本ジュニア柔道選手権大会徳島県予選

| by:Web担当者

平成29年4月22日(土),全日本ジュニア柔道選手権大会徳島県予選が徳島県立中央武道館で行われました。3年生が60㎏級と55㎏級にそれぞれ1名ずつ参加しました。
60㎏級では惜しくも僅差で初戦敗退となりました。55㎏級では近久春輝君が準優勝となりました。
13:40
2016/12/21

第39回徳島県高等学校柔道選手権大会

| by:Web担当者
平成28年11月26日(土)、徳島県立中央武道館にて第39回徳島県高等学校柔道選手権大会が行われました。個人戦60kg級に2年生2名、1年生1名が、66kg級に1年生1名が参加しました。今回は残念ながら全員初戦敗退という結果に終わりましたが、2年生は僅差での敗退であり
60kg級は力が拮抗している選手が多く、少しの油断が負けにつながるということを感じました。
ただ逆に皆にチャンスがあるということなので、来年の総体に向け稽古に励みたいと思います。
16:32
2016/12/21

第10回徳島県秋季柔道大会

| by:Web担当者
平成28年11月3日に「ソイジョイ武道館」で第10回徳島県秋季柔道大会が行われました。
我が小松島高校は3人1チームで参加し、初戦にドイツチームと対戦しました。
手足が長く粘りのある選手との対戦は初めてで、十分力を発揮できず
1対2で惜敗しました。
16:26
2016/10/28

高等学校新人柔道大会

| by:Web担当者
平成28年10月22日(土)  個人戦

 60kg級   近久春輝  第3位
          丸山逸生    1回戦勝利,2回戦敗退

    1年生は残念ながら初戦で敗退しました。
    次の大会に向けがんばります。

平成28年10月23日(日) 団体戦
    
   団体戦の初戦は科学技術高校と対戦しました。
   体の大きな相手に大変健闘しましたが,敗退しました。
11:03
2016/10/28

小松島市体育大会柔道競技

| by:Web担当者

平成28年10月16日(日)に小松島市体育大会柔道競技が行われました。
4人が参加し,全員表彰されました。

  第3部 優勝  近久春輝
       準優勝 丸山逸生

  第4部 優勝  生島将太
       第3位 武市大和

  優秀選手賞   近久春輝 
10:53
2016/08/02

総合体育大会柔道

| by:Web担当者
        平成28年度徳島県総合体育大会柔道
6月4日(土)団体戦  小松島科学技術高校
           3人での出場で,健闘しましたが惜敗しました。

6月5日(日)個人戦  4人が出場
           1名が初戦突破,2回戦敗退
           3名は初戦敗退

大会に向けハードな練習に取り組んできましたが,結果を十分に残すことができませんでした。これからは,新人戦を目標に頑張ります。
09:40
2014/03/24

昇段審査

| by:教務課
 3月23日(日)、徳島県立中央武道館におきまして、昇段審査が行われました。
1年生の田神一輝が、初段を取得いたしました。
12:09
2014/02/27

平成26年1月~3月の大会について(柔道部報告)

| by:教務課
 更新が大変遅れましたが、平成26年1月~2月にかけて行われ、本校柔道部が出場した大会の結果についてご報告します。
日時
大会名
結果
1月11日
徳島県高等学校柔道選手権大会
                   (個人)
3名が出場し、初戦敗退
1月12日
徳島県高等学校柔道選手権大会         
                   (団体)
1回戦●小松島0 - 3人残し 脇町 ○
2月2日
徳島県柔道体重別選手権大会
                   (個人)
3名が出場し、初戦敗退

 今シーズンはふがいない結果に終わった大会が多かったのですが、部員一同、一つずつ学年が上がり、より自覚を高めて取り組む所存でございます。関係者の皆様に、日頃のご支援に対し感謝を申し上げるとともに、今後とも応援・ご指導よろしくお願いします。
08:39
2013/11/19

徳島県高等学校新人柔道大会(団体)

| by:教務課

  11月17日(日)に行われました徳島県高等学校新人柔道大会(団体の部)に出場しました。結果は以下の通りです。


(男子) 
1回戦     小松島   ● 0 - 3 ○ 板野 初戦敗退
順位決定戦  小松島   ● 1 - 2 ○ 鳴門 初戦敗退

 男子の団体戦は通常5名で戦いますが、人数不足のため3名で出場しました。相手も3名で出場ということもあり、対等な条件で戦ったのですが、1回戦の相手は3人とはいえ経験値も高く、わずかな時間で決着をつけられるという厳しい戦いとなりました。また、順位決定戦では条件の似た相手と対戦し、惜しくも経験値の差を見せつけられ敗戦しました。しかし、昨年とは違い、主将の林が鳴門戦では一本勝ちしたことで意地を見せ、全試合ストレート負けという屈辱的な事態は免れたという面で、選手は確実に成長していることが実感できました。

 

 今大会、8校しか出場しなかったのですが、出場校中フルメンバー(5名)で戦えたチームはわずか3チーム。欠員がありながらも出場したチームは本校を含め、わずか5チーム。徳島県内における柔道人口の減少が著しい中、本校柔道部でも慢性的な部員不足の状況が続いており、充実した練習がしにくい状況があります。
 

 やはり、勝負する以上は勝ち抜けるチームになりたい。団体戦を戦える喜び、団体戦で勝ち抜く快感は素晴らしいものです。男女とも、入部したら即、団体戦のレギュラーになれます。男子は今回のような状況を解決するために、最低でもあと2名の部員が必要となります。また、女子の部員は1名ですが、女子の団体戦は通常3名で戦いますので、2名から団体戦に出場することができます。ぜひ、男女とも団体戦に出場できる状況を作り、より活気のある柔道部にしたいと考えております。中学生や在校生の皆さんで、少しでも柔道に興味のある人は、おもに平日の放課後と、土曜日は午前9時より練習をしておりますので、ぜひ柔道場に足を運んで下さい。

 

 合わせまして、このページを読んで下さった皆さん、ありがとうございます。今後とも、小松島高等学校柔道部を応援よろしくお願いします。


19:11
2013/11/19

徳島県高等学校新人柔道大会(個人)

| by:教務課

  11月16日土曜日に行われました徳島県高等学校新人柔道大会(個人の部)に出場しました。本校関係の結果は以下の通りです。
(男子) 3名が出場
73kg級 ベスト8 坂東 慶昌
 1回戦では積極果敢な攻めの姿勢で相手を圧倒し、終始自分のペースに持ち込み、連続技で見事に一本勝ちを収めた。準々決勝では強豪校に所属する格上の相手に実力の差を見せつけられ敗戦したが、1年生にして成果を出し、成長途上の柔道から目が離せない。

 なお、他の2名は60kg級と81kg級に参加し、残念ながら1回戦で敗退しました。しかし、60kg級では延長戦に持ち込むなど、見所は満載でした。


(女子) 準優勝  田村 美奈実
 この階級に出場するため壮絶な減量に取り組み、それを見事に成功させ出場権をつかんだものの、決勝戦では自分の力を出し切れず、経験・実力ともに勝る相手の前に屈した。しかし、自分との闘いに打ち克ったこの経験は、必ず成長の糧になると信じている。


《総括》
 今大会ではすべての部員が、自分と闘い、持ち味を発揮することができた。格上の相手と対戦したとき、対等に戦える力をこれからの練習でつけていきたいと思います。心技体すべての面でレベルアップが必要ですが、選手はやってくれるものだと信じています。お時間がありましたら、続けて団体戦の記事もお読みいただければと思います。
 


14:21
123