日誌

ボランティア

§ 今年度最後の松原ボランティア §


12月11日,今日は期末テストの最終日!テストから解放されて,爽快感があり,気分よく今年度最後の松原のボランティアに行ってきました!
今回の参加者は1年生101名,2年生80名,3年生14名,先生を含むと200名を超える参加者でした。たくさんの手で一生懸作業をし,いつも以上に美しくなりました。今年度最終の松原のボランティアは有終の美で飾ることができました☆彡
また,来年度も松原の松高生が率先してこの場所をきれいにしていきます。
参加してくれた生徒や先生方,ありがとうございました。


また来年よろしくね =^_^=

▽2学期2回目の松原のボランティア▽


中間テスト最終日,松原のボランティアが行われました。
総文祭の壮行式や全校集会などの行事が重なっていましたので14時30分から始めました。
行事が重なっており,忙しい1日でしたが,生徒と教員合わせて191人の参加者でした(^^)
前回よりも参加者が多く,全員が一心不乱に活動してくれたおかげでとてもきれいになりました!!
きっと松たちも喜んでいます(*^^*)


参加してくれた生徒の皆さんお疲れさまでした☆彡
そしてお忙しい中参加してくださった先生方,お世話になりました。
ありがとうございました!

○‡2学期初めての松原のボランティア‡○


2学期初めての松原のボランティアを行いました。
初めのうちは涼しかったのですが,だんだんと日照りが強くなり,結局暑かったです(笑)
また,今回の参加者は46人と前回より少ないながらも力を合わせたため,
少しずつきれいな景観となりました。


今回も朝早くからありがとうございました☺

○●○夏休みの松原ボランティア○●○


朝早くから,そして暑かったですが,松原ボランティアをしました!
生徒の皆さんは例年に比べてかなり多く,72名も参加してくれました!!
また,中学生やNPO,国交省の方々も参加してくれました(^^)
先月,あまりに暑すぎて松原ボランティアが中止になってしまったけど
今日のみんなの草刈りできれいになったように思います!

朝も早くからありがとうございました☆

保護者・地域の皆様へ ”松原ボランティア活動”のご案内


 横須海岸の松原において、草刈りをはじめとする清掃ボランティアを下記の日程で計画しております。ぜひとも保護者・地域の皆様にもご協力いただければと思います。

 猛暑による熱中症も心配されますので、できるだけ短時間で活動したいと考えています。

●日時 8月19日(日) 午前8時より(小雨決行)

●場所 横須の松原(小松島市金磯町 下図参照)

    *大雨の場合は8月26日に延期いたします。

      *熱中症・虫除け・日焼け対策などは各自でご留意ください。
 

松原ボランティアに行ったよ!

期末テストも終わり、その後で松原のボランティアに行ってきました。
今回は、松の木の周りの草を刈りました。ちょっと見ないうちにのびのびと草が伸び...
いやな季節です...(´・ω・`)
みんな汗だくになりながらも、一生懸命草刈りをしました!


そしてお世話になった軽トラを洗いました\(・ω・)/


最後は松高名物「軍手アート」もしたよ (^^♪ 


今回もみなさんお疲れさまでした。

本港地区ボランティアに行ったよ~

6月30日,早朝にもかかわらず,38名の生徒が小松島港の清掃活動に参加してくれました。当日,大雨が心配されましたが,無事,清掃活動を行うことができました。 


心もきれいになり,空にはなんと虹が架かりました。きれいだなぁ...

 

リフレッシュ瀬戸内

6月9日,瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会主催の「平成 30 年度リフレッシュ瀬戸内」海岸清掃ボランティア活動が,横須・金磯海岸で行われました。美しい瀬戸内を守っていくことを目的とし,取り組みました。早朝 7 時にも関わらず,参加してくれた 70 名の生徒の皆さんが参加してくれました。ありがとうございました。

松原ボランティア活動

中間考査最終日の放課後,今年度初めての松原ボランティア活動が行われました。多くの生徒の皆さんが参加し,一生懸命活動してくれたおかげで,少しずつきれいな海岸へと近づいていきました。 1 年生にとって初めての松原ボランティア活動でしたが,暑さにも負けず,花粉にも負けず頑張ってくれました。 2 3 年生の生徒たちも潮風に負けず,頑張ってくれました。ありがとうございました。

12/11(月) 松原ボランティア活動

2学期末考査最終日、本年度最後の松原ボランティア活動が行われました。
本年度は合計で8回(中止1回含む)活動しました。
最後の活動は、気温が低く風も強かったため、作業が大変でした。
しかし、最後までやり抜いたという達成感や充実感がありました。
先輩方が、残してくれた松の木をこれからもしっかりと守っていきたいです。